呼吸にたゆみなく気づいていれば   大地とのつながりは失われない

足で大地に口づけするように歩みなさい

あなたの残した足跡は

今この瞬間をここに呼び戻す  王者の押印(しるし)

そこからいのちがあらわれる

                                        

ー ティク・ナット・ハン ー

世界で尊敬を集める禅僧・精神的指導者 ティク・ナット・ハン師の

マインドフルネスを学ぶ2週間・6つのイベント

「今ここに、ただいま ― I have arrived, I am home.―」

 

マインドフルネスとは、今この瞬間のすべてに気づいていること。
今ここに目覚め、幸せになろうとするとき、私たちは一人ではないと気づきます。


ティク・ナット・ハン師は、すべては相互存在(インタービーイング)していると説きました。私たちの幸せは、すべての幸せとつながっています。同じように、すべての苦しみともつながっています。

こうして人と、すべての存在と共に生きるとき、私たちに大切なのはやさしさと思いやりを運ぶ、微笑みです。そして、「今ここ」へ絶えず帰ってくるための、呼吸です。


微笑みと、呼吸。


それは自分や相手に対する、とても大切な贈りもの。それがティク・ナット・ハン 師とプラムヴィレッジが伝える「マインドフルネス」の原点、故郷です。

今回の来日ツアーでは、世界各国の僧院プラムヴィレッジから全13名の僧侶たちが、ティク・ナット・ハン師のマインドフルネスの教えを伝えるために来日し、6つのイベントを行います。
今回の来日僧侶団には、各プラムヴィレッジの僧院長を含む、9名ものダルマティーチャー(法灯を受け継いだ師)たちが入っています。

2019flyer.JPG
5/3-6 富士山麓マインドフルネスリトリート
4/27 WakeUp! 若者向けMindful Day
4/28-29 医療・心理職者向けマインドフルネス研修会
4/28-29 教育者のためのマインドフルネス・デー
5/8-10 日本伝統仏教者のためのマインドフルリトリート
4/27 ベトナムDAY
もっと見る

過去の来日ツアーの様子はこちらをご覧ください。

Thich Nhat Hanh

ティク・ナット・ハン

現在、世界で最もよく知られ、尊敬される禅僧、詩人、平和・人権活動家。「マインドフルネスの父」と呼ばれる。1926 年生まれ。ベトナム禅宗柳館派8 世、臨済正宗竹林派42 世の法灯を継ぐ。
1960 年代 ベトナム戦争下で「行動する仏教」を提唱。キング牧師より、ノーベル平和賞の推薦を受ける。反戦活動で、故国への帰還が困難となる。1982年 フランスに亡命中、仏教徒のコミュニティープラムヴィレッジ」を設立。世界各地で、マインドフルネス瞑想の指導を開始。近年では世界銀行やアメリカ議会、Google、ハーバード医科大学などにも招かれ指導した。
2014 年 脳出血で倒れるが、92 歳の現在でも、持続的な回復を見せている。2018 年11 月、約40 年にわたる亡命生活に終止符を打ち、故郷ベトナムに永住帰還したニュースは世界中を驚かせた。NHK「こころの時代」で何度も紹介され、日本でも大きな反響を呼んでいる。

About Mindfulness

マインドフルネスとは?

「マインドフルネスは、今この瞬間に気づき目覚めているというエネルギーです。それは人生に深く触れることを、一瞬一瞬くりかえしていくプラクティス(実践/練習)です。日常生活でいつもしていることとほぼ同じことをします。歩く、座る、働く、食べる、話す・・・。ただし違うのは、それらをしっかりと自覚して行うのです」(ティク・ナット・ハン)

ティク・ナット・ハン師の教えるマインドフルネスの実践は、立ち止まり、微笑み、ゆったり自分の呼吸に戻ることで、「今・この瞬間」の気づきへと私たちをいざないます。

​この来日ツアーイベントでは、プラムヴィレッジ僧侶の指導の下、ティク・ナット・ハン師のマインドフルネスの実践方法を学びます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now